昨日よりも、生き生きした自分になるために。

私が発信する手段としてブログを選んだ理由

2018/12/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アイルランドに8か月交換留学中。金沢の女子大生。 21歳のモットーは「気楽に自由に」 ワクワクを大事に生きていて、自分がやりたいと思ったことはとりあえずやってみる性格。

やっほ~まりしです!

今日は私がなぜ発信しているのか、どうしてブログを書いているのかについて話したいと思います!

自分の思っていることを発信することには興味があるけど、いまいちどの媒体を使って発信したらいいかはっきりしないな。
そんな風に思っているあなたに読んでもらえたらなと思います。

発信したいと思ったら、発信しよう

あの、これ。本当に私が偉そうに言えることじゃないんですけど、、、。

別にブログじゃなくても、インスタでも、フェイスブックでも、ツイッターでもなんでもいいと思います。

ブログを書くことをおススメはしたいんですが、それよりも、発信したいと思ったら何かしらの方法で行動することの方が大事です。

 

例えば、
✔それほど自分を出していない人に見られたくないから、、、。

✔自分の思っていることを発信してみたいけど、そんなに文章力がないし、、、。

みたいに思うのなら、大丈夫です。

別にあなたの違う一面を誰かが文章を読むことで知っても、そこから嫌われるなんてことはないです。

文章力がなくても、書いてるうちにちょっとずつ上手になってきます。(たぶん)

 

てことで、発信してみたいなって思うなら、考える前に発信しよう~~~!いえ~~い!

ブログを選んだ理由

ひょっとしたら興味がある人がいるかも(いないかも)しれないので、私がブログという媒体を通じて発信している理由を書きます!

大きく分けて2つの理由があります!

自分一人で何かを生み出すことがしたかった

「個人の価値が問われる時代だ。」

「発信しないなんて、損してるよ。」

そんな言葉を人から言われるようになったのがきっかけでした。

当時の私は自分の価値・差別化できることは何かと言われて明確なものがなかったので、何か自分でもやりたいと思ったんです。

ブログはどんどん記事を書いていけばマネタイズもできるし、相手に自分を知ってもらうための手段としても使えます。

自分に向いているかはわからないけれど、とりあえずやってみようと思って始めました。

 

カタチに残したいと思った

SNSで発信するだけでもいいじゃん?って思うかもしれません。

でも、SNSだと情報がどんどん流れてしまうんです。

その反面、ブログだと情報をストックできるので、自分の記録としても残せるし、読者も簡単に過去の記事を遡ることができます。

自分が思っていることをアウトプットしたいと思っていたので、ブログとして形に残したいなと思ったんです。

ブログはあくまで発信手段の1つ

私は別にブログにこだわっているわけではないです。

ほかのSNSツールを使っても発信していきたいなとは思っています。

ただ、今は発信するための一つのツールとしてブログを使っている、という感じです。

 

最後に、、、。

重ねてになりますが、ほんとに、まだまだ駆け出しの私が言えることじゃないです。(笑)

でも、もし少しでも発信してみたいなと思うのであれば、まずは発信してみちゃおうよ~!っていうのが、私が伝えたかったことです!

何事も、やってみないとわかりませんから。

この記事を書いている人 - WRITER -
アイルランドに8か月交換留学中。金沢の女子大生。 21歳のモットーは「気楽に自由に」 ワクワクを大事に生きていて、自分がやりたいと思ったことはとりあえずやってみる性格。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まりしプラス , 2018 All Rights Reserved.